お金に余裕がある時なんてありません!!

25.07.15 / 未分類 / Author:

それなりの企業でそれなりの年収を頂いている方とは違い、我が家は住宅ローン、車のローン、そして教育ローンなどの支払でお金に困る時といえば、毎月のように困っています。
では何故、そんなにローンを組んでいるのか?といいますと、まず、今のエリアに20年ほど前に引っ越してきました。
土地は両親もちで上物は主人名義でローンを組みました。
いわゆる2世帯住宅で建物だけのローンです。通常から考えればローンの金額は安いはずなのですが、その時はバブルははじけたとはいえまだ全てに影響が出ている時代ではなく金利も安くありません。
2280万のローンで財形は金利4.5%の固定です。1500万がそちらで、780万は公庫での変動金利を選びました。
ひとつでも変動金利を選んでおいて良かったと思いますが、それでも月に10万以上の支払です。
その頃の主人の収入はそこそこありましたので、さほど苦にはなりませんでしたが、10年ほどたったのち主人が転職しました。
世間の景気がひどい頃に転職で、当然収入は半分近くなり、私がフルタイムで働いて共働きしても、前の収入には追い付きません。
こちらの土地は田舎なので、通勤には車は必須です。
お金がないから働かなくてはならない、その為に車を購入しました。
なら安い中古でいいのでは?と考えますが、引っ越す前に知人から車を譲り受け、車検を自分で取りに行き乗っていましたが、
冬はエンジンがかからなく、走行中に急にエンジンが止まったり、はっきりいって命の危険さえ感じました。
中古は余計にお金がかかるのではと新車を購入したのです。
最初にそれなりの収入を得ていた物が収入が落ちると継ぎ足すようにお金が足りなくなります。
教育ローンはそのいい例で子どもは2人いますが、2人とも幼児の時から学資保険に入っていました。
これだけは絶対教育費用なのでどんな事があっても手をつけないようにと思っていたのですが、
主人の借金が発覚して、この苦しい時に又ローンは絶対に無理と思い解約して返済しました。
月々の支払と収入は、主人の給料では支払だけで終わりです。
あとは私の僅かな給料でこづかいと食費、ガソリン代などを工面しなくてはなりません。
その中で冠婚葬祭で親戚などから及びがかかると親等が近ければ、近いほどご祝儀にしろ、不祝儀を包まなければなりません。
先日、主人方の甥っ子の結婚式に呼ばれましたが、家族全員呼ばれましたが、10万のご祝儀はきついので、
2人出席で5万のご祝儀にして出席しました。
めでたい席なのに、こんな侘しい考えを必要に迫られる生活は本当に嫌です。

その他、子供が入院をした時や、自分の治療費などが重なった時の出費も大変です・・・あとから保険を利用することもできますが、たちまちは自分たちで支払ってなければならないので・・・

そんな時は、医療ローンを利用することがあります。

医療ローン

いわゆるカードローンで融資を受けるということの魅力の一つが、店舗の営業時間などに縛られず、返済していただくことができるところです。あちこちのコンビニの店内に置かれているATMを活用して店舗に行かなくても返済可能だし、パソコンなどを使ってネットで返済していただくこともOKです。
キャッシングを利用して借入しようと思っているのなら、その資金が、できるだけ早く融資してほしいという場合が、多いと思います。このところすごい進歩で審査時間わずか1秒だけでキャッシングできる即日キャッシングまで登場しています。
仮に、融資から30日の間で返してしまえる範囲で、キャッシングで借り入れを行う必要があれば、本当は発生する金利払わなくてもいい無利息でOKのキャッシングを使って借り入れてみるというのもおススメです。
どうしても借りるなら、まず最低限の金額で、さらにできるだけ早く完全に返し終えることが最も大切なことです。おしゃれで便利でもカードローンは確実に借金なのです。だから返済が滞ることがないように失敗しない計画をたてて利用するべきものなのです。
借入の審査は、ほとんどの業者が情報の確保のために参加しているJICCの情報を基にして、融資希望者の情報について徹底的に調べられています。融資を望む人がキャッシングで資金を融通してほしいときは、事前の審査にパスしてください。

キャッシングの際に審査という言葉だけを見るとなかなかうまくできないように想像してしまうことも少なくないかもしれませんね。でもたいていの場合は集めてきた多くのチェック項目を情報と照らし合わせるなど、キャッシング業者だけがやってくれるものなのです。
平凡に働いていらっしゃる社会人なら、融資のための審査を通過することができないなんてことはないと言っていいでしょう。社員じゃない、アルバイトとか短時間パートの場合でも便利な即日融資を実行してくれる場合がほとんどだと思ってください。
キャッシングの申し込みをすると、勤務先である会社や団体、お店などにキャッシング業者からの電話あるのは、回避するわけには行きません。実はあの行為は在籍確認と呼ばれているもので、申込のときに申告した勤務先の会社に、勤めているかどうかについて確認しなければいけないので、あなたの勤め先に電話することで調査しているのです。
もし即日融資を希望するというのだったら、自宅からPCまたは、スマートフォンや携帯電話によって申し込むとずっと手軽です。カードローンの会社のサイトから申し込んでください。
融資を申し込んだ方が絶対に借りたお金を返済していけるかどうかに注目して審査が行われているのです。完済まで遅れずに返済すると判断できると判断されたときだけに最終的に、審査を終えたキャッシング会社は融資してくれるのです。

いくつかの会社で実施されている決まった日数の、利息を払わなくてもいい無利息キャッシングなら、融資を申し込んだローン会社に対して払い込むことになる金額の合計が、絶対に無利息期間分少なくなるので、それだけ得することができるのです。なおこれほどのサービスにもかかわらず事前審査の内容や項目が、きつくなっているということもないのがうれしいです。
すぐに入金できる即日キャッシングが可能な便利なキャッシング会社というのは、一般的に考えられているよりもはるかにたくさんあるのです。キャッシング会社が違っても、定められている振り込みが実行できる時間までに、やらなくてはならない契約の事務作業が完了できているということが、キャッシングの条件です。
キャッシングカード発行の申込書を始めとした関係書類に、不備とか誤記入などが見つかると、ごく例外を除いて再提出になるか訂正した部分に訂正印が押していただくことになるので、書類そのものが返却されてくることになるのです。なかでも自署に限られるケースでは、記入後に再確認するなど丁寧に処理しましょう。
いろいろなカードローンの会社が決めたやり方で、少しは違いがありますが、どこでもカードローンの取り扱いがある会社は細かく定められている審査条件にしたがって、希望している方に、時間を取らずに即日融資として対応することが可能かそうでないか判断しています。
どうも現在は、利息不要のいわゆる無利息キャッシングが使えるところというのは、消費者金融が提供しているキャッシングしかない状況になっていて選択肢は限られています。付け加えれば、本当に無利息でOKというキャッシング可能とされている限度の日数があります。

 

 

 

Comments: 0

Leave a Reply

« |