一重まぶたにコンプレックスを持っていました

26.05.15 / 未分類 / Author:

私は長い間一重まぶたと言う事にコンプレックスを持っていました。
何となく気になりだしたのは小学校の高学年に入った頃で、自分の目元が地味だと言う事がとても嫌でした。
中学、高校の思春期には異性の目も気になり出しましたが、一重まぶたのせいで自分に自信が持てずいつも消極的でした。

一番、辛かったのが大学時代です。
華やかな雰囲気のある二重瞼の友達はどんどん彼氏を作り、それを見ているとなおさら消極的になってしまいました。
地味な私と話したい男の子なんていないだろうなと常々思っていたので、性格もネガティブ思考だったと思います。

しかし、ある時テレビや雑誌等でアジアンビューティーがもてはやされる様になりました。
私と同じ一重まぶたのモデルさんがとても堂々とし、素敵に輝いているのを見て一重まぶたにこだわっていた自分が恥ずかしくなりました。
同時に、長い間外見を気にするあまり心まで暗く孤独になっている自分に気付きました。

それ以来、自分の一重まぶたを生かした切れ長のアイメークを雑誌等で勉強し、今まであまり使わなかったマスカラやアイシャドウ等のポイントメイクもするようになりました。
今まで避けてきた部分をもう一度見直す事で前向きな気分になり、女性の友達とは勿論、男性の友達とも意識せずに自然に話が出来るようになりました。

社交的になり、多くの友達が出来るにつれ皆何かしらのコンプレックスを持っていると言う事が分かりました。
羨ましいと思っていた二重瞼の女性も、肌の色黒を気にしていたり鼻の形にコンプレックスを持っていたりと私と同じ様に悩んでいました。

しかし彼女達は私の様にネガティブではなく常にポジティブ思考でした。
その明るさが彼女達のコンプレックスを隠し輝いていたのだと思います。

私もくよくよ悩む事はせず、コンプレックスにも前向きに考えていこうと思いました。
今では自分の一重まぶたは自分の個性の一つだと思っています。
切れ長の美しい目は日本人女性の特徴であると言った海外で活躍するモデルさんの言葉の様に、私も自信を持っていきたいと思います。

もうひとつは、毛深いこともコンプレックスでした。大学を卒業してから就職をして一番にしたかったことが脱毛です。

私は広島に住んでいたので職場近くで通いやすいところを探して通っていました。

参照:http://xn--wckwfybb4047cb7bg90bp62b.com/

こちらのレーザー脱毛に通い始めてからは、自己処理をすることもほとんどなくなりました。私は部分脱毛ではなくて全身脱毛コースを選びました。

中学生の頃に友人、○○って結構毛が濃いよねと言われたことがきっかけでコンプレックスとなり、それからは毎日のように自分で毛を剃っていましたね。脱毛に通いたいと思っていたのですが、当時中学生が脱毛になんて通っている時代でもなかったですからね。今は中学生でも通うことのできるところもあるようですが・・・

脱毛の効き方は個人差があるので、一言では説明できないものなのですが、ワキ脱毛の結果に満足するまでの回数は、毛の多さや毛の密度などの個人の体質により、結構違いがあります。

VIOラインのムダ毛ってそこそこ厄介ですよね?昨今は、水着を着たくなる季節に合わせてというよりは、女性のエチケットとしてVIO脱毛を行う人が、増加の一途を辿っています。
全身と一言で言っても、脱毛したいエリアを選んで、何か所か一度に施術していくというもので、全ての無駄毛を万遍なく綺麗に処理してしまうのが全身脱毛とは必ずしも言わないということです。
ムダ毛の始末を忘れて外出してしまい、ムダ毛が出ているのがばれないように必死に隠した思い出したくない記憶のある方は、多いのではないでしょうか。鬱陶しいムダ毛の手入れをする頻度は、一日に一回以上という方はすごく多いというのが実情なのです。
人気沸騰中の脱毛サロンのみにこだわって選び出し、脱毛部位別の単価をあらゆる角度から比較しました。脱毛サロンを利用することに関心がある方は、ぜひこのサイトの記事にしっかり目を通してください。
短い期間で済むレーザー脱毛と、比較的長い時間をかけて行う必要があるフラッシュ脱毛。方法によりいい点と悪い点がちゃんとあるので、無理のない納得のいく永久脱毛を見極めてください。

 

 

Comments: 0

Leave a Reply

« | »